資料
委員会における議事録が参照出来ます。

2016年度 かわさきコンパクト委員会 議事録

2015年度 かわさきコンパクト委員会 議事録

2014年度 かわさきコンパクト委員会 議事録

2013年度 かわさきコンパクト委員会 議事録

2012年度 かわさきコンパクト委員会 議事録

2011年度 かわさきコンパクト委員会 議事録

2010年度 かわさきコンパクト委員会 議事録

2009年度 かわさきコンパクト委員会 議事録

2008年度 かわさきコンパクト委員会 議事録

2007年度 かわさきコンパクト準備委員会 議事録



2014年度 かわさきコンパクト冊子

2014年度 かわさきコンパクト冊子

画像をクリックするとダウンロードが始まります(PDFファイル)

2009年度 かわさきコンパクト リーフレット

2009年度 かわさきコンパクト リーフレット.pdf

画像をクリックするとダウンロードが始まります(PDFファイル)

2009年度 ビジネス・コンパクト参加企業 市民コンパクト参加団体 紹介冊子

2009年度KCフォーラム配布冊子.pdf

画像をクリックするとダウンロードが始まります(PDFファイル)

かわさきコンパクト推進委員会(更新日 2007年(平成19年)7月2日)

1.委員会の名称

かわさきコンパクト推進委員会
2.委員会の背景

 持続可能な社会を構築する上で、産業界の果たす役割は大きく、その期待に応えるべく産業界でも環境への様々な取り組みが始められている。その一環として、1999年に国連のコフィ・アナン事務総長(当時)は、世界の企業に対し、人権、労働、環境、腐敗防止の問題への自主的な取り組みを呼びかける「グローバルコンパクト」を提唱し、2007年6月現在、116カ国、4800以上の企業・団体が参加表明している。
 本市では、川崎臨海部の再生を中心に市内の産業活動の再生とともに、環境分野での国際貢献と持続可能な社会形成を目指している。

3.委員会の目的と役割

  •  川崎市の産業の再生を図りつつ、持続可能な社会作りに貢献していくには、先見性ある計画の推進と共に、産業界自体が自らの社会的責任を自覚し、持続可能な社会構築に向けた企業理念とそれに基づく事業活動を展開することが必要である。

 持続可能な社会作りに向けた民間企業の社会的責任を明確にし、「グローバルコンパクト」の市内展開を図るプログラムとして「かわさきコンパクト」を作成することにより、民間企業の環境経営と社会的責任の普及・促進を図り、このモデルを川崎市から世界に発信することを目的とする。
 このため、「かわさきコンパクト」を推進するにあたり協議検討を行う「かわさきコンパクト推進委員会」を設置する。
4. 任期

委員の任期は、平成18年12月11日から平成19年3月31日までとする。
5.委員(敬称略、50音順)


足達 英一郎
株式会社日本総合研究所 上席主任研究員

井上 良一
NPO法人産業・環境創造リエゾンセンター

岩森 耕太郎
川崎商工会議所 広報部長

大西 淳夫
川崎信用金庫 情報調査部長

黒田 彰三(座長)
専修大学 経済学部教授

庄司 佳子
NPO法人アクト川崎

末吉 竹二郎
国連環境計画・金融イニシアチブ(UNEP FI)特別顧問、川崎市国際環境政策参与

鶴田 啓之
株式会社東芝CSR本部CSR担当部長

6.かわさきコンパクト推進委員会開催日程


第1回委員会

日時:2006年平成18年12月18日(月) 午後1時〜3時
場所:JAセレサみなみビル5階会議室
第2回委員会

日時:2007年平成19年2月2日(金) 午後2時〜4時
場所:明治安田生命ビル2階第1会議室
第3回委員会

日時:2007年平成19年2月26日(月) 午後1時30分〜3時30分
場所:JAセレサみなみビル5階会議室
第4回委員会

日時:2007年平成19年3月13日 午前9時30分〜11時30分
場所:JAセレサみなみビル5階会議室

7.かわさきコンパクト懇談会


かわさきコンパクト作成にあたり、企業ニーズを踏まえた検討を行うため、川崎商工会議所・川崎市産業振興財団・川崎市の担当者による懇談会を開催した。

日時:2007年平成19年3月5日(月) 午後1時30分〜3時30分
場所:川崎商工会議所3階第2会議室

まとめ

かわさきコンパクト基本設計書pdf_01.gifのPDFファイルをご覧ください。


問合わせ先:川崎市環境局総務部国際環境施策推進担当
email: 30kokuse@city.kawasaki.jp
更新日 2007年(平成19年)7月2日

▲ このページトップへ

グローバルコンパクト(更新日 2006年(平成18年)8月29日)

川崎市役所は国連グローバルコンパクト(略称GC)に参加しています。

グローバルコンパクトとは


グローバルコンパクトは、1999年1月スイスのダボスで開催された世界経済フォーラムにおいてアナン国連事務総長が提唱し、2000年7月26日にニューヨークの国連本部で正式に発足した企業の自主行動原則で、参加する世界各国の企業が、人権、労働、環境、腐敗防止の4分野で世界的に確立された 10原則を支持し、実践するよう努めるプログラム

グローバリゼイションに起因する様々な課題を背景としており、社会のよき一員として行動し、持続可能な成長を実現していくための世界的な枠組づくりに寄与するという自発的なイニシアティブ。詳しくは日本におけるグローバルコンパクト事務局である国連広報センターのグローバル・コンパクト・ホームページをご覧ください。

参加状況


近年は、企業だけでなく産業団体・NGO・都市の参加も始まっており、日本の自治体では川崎市が初参加。川崎市参加後の2006年2月15日時点では、世界で94カ国2817団体、日本では42団体が参加。

最新の参加状況は、国連広報センターホームページでご覧いただけます。
世界の参加団体数
日本の参加団体

グローバルコンパクト参加の経過


2006年 平成18年
1月13日  参加申請文書に署名
1月24日  「第2回 アジア・太平洋エコビジネスフォーラム」において参加申請の表明
2月 8日  日本の国連広報センターホームページの参加団体リストに掲載(参加の日付は2006年1月付け)
      ニューヨーク国連グローバルコンパクト事務所の参加者リストに掲載
2月24日  国連グローバルコンパクト事務所から阿部市長あてにウェルカム・レター(原文PDFの1ページ目 、 2ページ目 、 和訳)
グローバルコンパクト署名文

参加申請は、最高責任者すなわち市長から国連事務総長への書簡で行うことになっています。

平成18年1月13日

国際連合
コフィー・アナン事務総長
事務総長殿、
拝啓 

川崎市役所は人権、労働基準、環境保護、腐敗防止に関するグローバル・コンパクトの10の原則を支持することを確認いたします。このことにより、私どもは本市役所の影響力の及ぶ範囲内でできる限りグローバル・コンパクトの10原則を支持し促進していく所存でございます。本市役所はグローバル・コンパクトおよびその10の原則を本市の戦略、文化および日々の業務の一部にしていくことをお約束いたします。また、このような私どものグローバル・コンパクトに対する支持を本市役所の職員、関係機関、取引先、市民および公に対して明言いたします。私どもは公に対する説明責任と透明性を支持いたします。また、その活動経過を公の方法でご報告いたします。

敬具

阿部 孝夫
川崎市長

グローバルコンパクトの10原則


【人権】
原則1.企業はその影響の及ぶ範囲内で国際的に宣言されている人権の擁護を支持し、尊重する。
原則2.人権侵害に加担しない。
【労働】
原則3.組合結成の自由と団体交渉の権利を実効あるものにする。
原則4.あらゆる形態の強制労働を排除する。
原則5.児童労働を実効的に廃止する。
原則6.雇用と職業に関する差別を撤廃する。
【環境】
原則7.環境問題の予防的なアプローチを支持する。
原則8.環境に関して一層の責任を担うためのイニシアチブをとる。
原則9.環境にやさしい技術の開発と普及を促進する。
【腐敗防止】
原則10.強要と賄賂を含むあらゆる形態の腐敗を防止するために取り組む。

これら10原則の詳しい解説は、国連グローバルコンパクト・ホームページで各原則をクリックしてhtml_01.gifご覧ください。


グローバルコンパクトに関する事業

2006年(平成18年)

1月24日  第2回 アジア・太平洋エコビジネスフォーラム
2月22日  かわさき地球環境フォーラムhtml_01.gifパネル展示(地下街アゼリア)

2月27日  川崎グローバルコンパクト・フォーラム2006開催html_01.gif

4月 1日 市政だより4月1日号にグローバルコンパクト参加についての市長コラム掲載;
   市政だより 2006年(平成18年) 4月 1日号全市版No.894 第3面 『市政の小窓』pdf_01.gif
   PDFファイルを開くには、アクロバットリーダー(無償ダウンロード)html_01.gifが必要です。
   市政だよりバックナンバー(PDF)pdf_01.gifからもご覧いただけます。

4月   国連広報センターニュースレター「Dateline UN」(バックナンバー)html_01.gif3-4月号に

「川崎市グローバルコンパクト参加についての市長寄稿」(PDFファイル 6ページ目)pdf_01.gif掲載

5月18日 アナン事務総長を迎え、国連グローバルコンパクト会議

6月26日 国連広報センターニュースレター「Dateline UN」 5-6月号に

「グローバル・コンパクト会合から」(PDFファイル 5ページ目)pdf_01.gif(5月18日国連グローバルコンパクト会議)記事

かわさきコンパクト


グローバルコンパクトの市内展開として、その活動の総体の名称。
UNEPとの連携による取組みを踏まえ、国連が提唱するグローバルコンパクトの理念のもとに、さまざまな主体が、環境に配慮した自主的な諸活動によって持続可能な地域社会づくりに貢献するための「かわさきコンパクト」を作成・提唱します。
この「かわさきコンパクト」を作成・提唱するにあたり、専門的見地からの検討を行うため、平成17年度、「かわさきコンパクト検討委員会」による検討を行いましたhtml_01.gif
平成18年度、「かわさきコンパクト推進委員会」の検討を経て「かわさきコンパクト」(PDFファイル)を作成しました。


[新総合計画 川崎再生フロンティアプランhtml_01.gifの位置付け]


重点戦略プラン4 アクションプログラム「環境分野における国際貢献html_01.gif」;
 持続型社会実現に向けた地球環境保全のための民間主導の社会責任ルール「グローバルコンパクト」の市内展開として「かわさきコンパクト」の作成及び推進(2006年度提唱)
重点戦略プラン9 アクションプログラム「協働のまちづくりの推進pdf_01.gif」;
 CSR(企業の社会的責任)のの視点に立った取組の推進

問合わせ先:川崎市環境局総務部国際環境施策推進担当
email: 30kokuse@city.kawasaki.jp
更新日 2006年(平成18年)8月29日

▲ このページトップへ

かわさきコンパクト検討委員会についての報告(更新日 2006年(平成18年)8月28日)

1.委員会の名称

かわさきコンパクト検討委員会

2.委員会設置の趣旨


国連が提唱するグローバルコンパクトの理念を踏まえ、さまざまな主体が、環境に配慮した自主的な諸活動によって持続可能な地域社会づくりに貢献するための「かわさきコンパクト」を作成・提唱するにあたり、専門的見地からの検討を行うため、かわさきコンパクト検討委員会を設置した。

3.委員(敬称略、50音順)


足達 英一郎
【経歴】
株式会社日本総合研究所上席主任研究員。企業の社会的責任の視点からの産業調査、企業評価を専門とする。
【委員選任のポイント】
経済同友会「市場の進化と21世紀の企業」研究会のワーキング・グループメンバー、ISO/SR国内対応委員会のエキスパートを努めるなど、CSR/SRIについての見識を検討会に活かすため。

末吉 竹二郎
【経歴】
元三菱銀行ニューヨーク支店長、取締役、東京三菱銀行信託会社(ニューヨーク)頭取。現在、国連環境計画・金融イニシアチブ(UNEP FI)特別顧問、川崎市国際環境政策参与。
【委員選任のポイント】
川崎市国際環境政策参与として川崎市の現状に精通していることに加え、UNEP FI特別顧問としての環境・CSRに関する知見を検討会に活かすため。

高  巌
【経歴】
麗澤大学国際経済学部教授/企業倫理研究センター長。企業倫理世界会議(ISBEE)理事。 産業構造審議会、ISO企業社会責任高等諮問会議委員、内閣府国民生活審議会委員、経済産業省日本工業標準調査調査会専門委員、CSR標準委員会作委員。
【委員選任のポイント】
CSR及び企業倫理の分野における知識と見解を検討会に活かすため。

鶴田 啓之
【経歴】
株式会社東芝入社以後、主に広報・総務業務に従事。2000年10月より東芝ヨーロッパ副社長。現在、株式会社東芝CSR本部CSR担当部長。
【委員選任のポイント】
CSR先進企業でありグローバルコンパクトに加盟する株式会社東芝で、CSR活動を推進。企業の立場からみた本プロジェクトに対する助言を検討会に活かすため。

向田 映子
【経歴】
1977年横浜市に転居後、資源再利用運動を始める。神奈川県議の後、1996年女性・市民バンク設立準備世話人会を立上げる。1998年から女性・市民信用組合(名称変更)設立準備会代表(http://www.wccsj.com/)。同年8月貸金業(女性・市民バンク)WCB開業。

【委員選任のポイント】
「市民による市民のための非営利の金融システムづくり」に取り組む。本プロジェクトにおいても、市民活動を活性化させるための議論において、自らの経験に基づいた助言を検討会に活かすため。

4.かわさきコンパクト検討委員会


第1回かわさきコンパクト検討委員会

日時:2005年11月4日10時〜12時
場所:川崎市役所本庁舎2階特別会議室

第2回かわさきコンパクト検討委員会

日時:2005年12月19日10時〜12時
場所:セレサ川崎5階会議室

第3回かわさきコンパクト検討委員会

日時:2006年1月30日13時30分〜15時30分
場所:砂子平沼ビル7階会議室

第4回かわさきコンパクト検討委員会

日時:2006年2月27日15時00分〜16時30分
場所:いさご会館4階会議室

5.グローバルコンパクトフォーラム


日時:2006年2月27日13時30分〜15時00分
場所:いさご会館2階ホール

川崎市役所は、日本の自治体として初めて、国連が提唱するグローバルコンパクト(略称GC)に参加しました。本市のグローバルコンパクト参加を機会に、広く呼びかけてグローバルコンパクトについてのフォーラムを開催しました。詳細はこちら。

6.かわさきコンパクト検討委員会 議論のまとめ


かわさきコンパクト

(1)目的
「かわさきコンパクト」とは、川崎市内に本社または事業所を有する企業に、責任ある企業市民としての取組みを求め、それによって企業の持続的成長を促進するとともに、企業および市民が川崎市はもとより国内外の社会問題や環境問題の解決に貢献していこうとする取組みや運動を指します。
(2)取組み方法
「かわさきコンパクト」は、企業や市民の自発的な活動を促すものであり、何らかの義務を課すものではありません。自発的な個々の活動をつなげて、より大きな効果を挙げていくために様々な仕掛けづくりをしていきます。その第一段階として、かわさきコンパクトの理念を共有する企業が、自らの行動原則について社会と約束を交わす「かわさきコンパクト ビジネス9原則(詳細は後述)」を検討しています。今後は様々な仕掛け作り、具体的アクションが展開されていく予定です。
(3)推進主体
「かわさきコンパクト」の推進事務局は、公民共同運営の「かわさきコンパクト委員会(仮称)」に置きます。事務局は、市民、企業、NPO/NGO、各種団体等の能力や資源を効果的にコーディネートし、取組みを促進していく予定です。
「かわさきコンパクト ビジネス9原則」

1.かわさきコンパクトの定義

目的
「かわさきコンパクト」とは、川崎市内に本社または事業所を有する企業に、責任ある企業市民としての取組みを求め、それによって企業の持続的成長を促進するとともに、企業および市民が川崎市はもとより国内外の社会問題や環境問題の解決に貢献していこうとする先駆的取組みである。
取組み
「かわさきコンパクト」は、企業の自発的な活動を促すものである。その理念を共有する企業が、参加の表明を行い、 「かわさき9原則」に対応した活動計画や実績を自ら公表していく。
推進主体
「かわさきコンパクト」の推進事務局は、公民共同運営の「かわさきコンパクト委員会(仮称)」におく。事務局は、市民、企業、NPO/NGO、各種団体等の能力や資源を効果的にコーディネートし、取組みの成果を促進していくものである。
推進方法
第一段階では、市内に本社または事業所を有する企業を対象としたプロジェクトを展開する。
それを踏まえ、第二段階でクロスセクターのラーニングや問題解決に取り組んでいくものとする。

 川崎市内に本社または事業所を有する企業が、地域社会や国際社会から尊敬されるに相応しい行動をとっていくことを広く社会に宣言し、その活動実績などを継続的に公表していくことを支援するものです。具体的には、賛同する企業は後述の9原則について、その履行を社会に約束することになります。
一方、地域の市民、NPO、金融機関、学校法人、行政などは、「かわさきコンパクト・ビジネス9原則」に参加した企業を直接間接に応援していくことが期待されます。
その両サイドの動きが噛みあった時に、かわさきコンパクトが目指す社会の実現に近づいていくことが出来ます。
2.かわさきコンパクトの前文

川崎市という地域で共に生活し、活動するわたしたちは、
「持続可能な都市づくり、世界に貢献できる都市づくり」という理念を共有し、
それぞれが責任ある行動をとっていくことを目指します。

市民、企業、NPO、行政等がそれぞれの特徴を活かした役割を
積極的に引き受けつつ、相互に協働していくことにより、
川崎市が直面する課題はもとより
国内外の社会問題や環境問題の解決に貢献していきます。
3.かわさきコンパクト・ビジネス9原則の内容

「かわさきコンパクト・ビジネス9原則」、すなわち企業が社会に誓う内容は次の通りです。

【原則1】:わたしたちは、一人ひとりの人権を大切にします。
 わたしたちは、年齢、性別、人種、出身地、国籍、宗教などにより、従業員が経済的・社会的・文化的に不利な扱いを受ける可能性のある制度や慣行の廃止を目指します。
 また、企業活動そのものが人権を侵すようなこと、具体的には廃棄物や工場からの排出物が住民の生活を脅かしたり、生命や健康を害する製品を扱ったりすることは行いません。
【原則2】:わたしたちは、全ての働く人を大切にする職場をつくります。
 わたしたちは、従業員が安心して働くことの出来る安全な職場を維持します。さらには、一人一人の従業員の能力が発揮されやすい制度・ルール、職場従業員の生活と仕事が両立可能な仕組みづくりを進めます。
 また、働く人の人権を侵害する強制労働・児童労働などに対して、直接・間接の加担をすることが無いよう、事業活動全体の適切化を進めます。
【原則3】:わたしたちは、環境問題に対する基本的な活動方針を作り公表します。
 わたしたちは、事業活動が環境に与える影響について適切に認識した上で、環境問題の解決に向けて取り組む考え方や活動方針を策定し公表します。
また、方針が実行に移されることを保障するため、行動計画や客観的なチェックの仕組みを構築していきます。
【原則4】:わたしたちは、環境問題の解決に向けた予防的な活動を展開します。
 わたしたちは、治療よりも予防が望ましいとする「予防的アプローチ」を支持し、たとえ環境に対する影響が科学的に証明されていない場合であっても、環境への影響を最小化するために必要な行動をとっていきます。
 また、自らの事業活動から発生する環境負荷を低減するのみならず、環境問題の解決に向けて、取引先との連携等も積極的に展開します。
【原則5】:わたしたちは、環境にやさしい技術の開発と普及を促進します。
 わたしたちは、 環境に優しい技術、すなわち「汚染が少なく、あらゆる資源を持続可能な方法で利用し、より多くの廃棄物や製品を再利用し、また、より受け入れられやすい形で残渣廃棄物を取り扱う」ことができる技術の開発を目指します。
 また、国内外の地域や事業者に対する普及活動を支持し貢献していきます。
【原則6】:わたしたちは、公正な経済取引の実現に努めます。
わたしたちは、公正な経済取引の実現を企業経営のトップレベルの優先事項として位置づけ、ルールづくり、社員研修、チェック体制づくりなどを行うことで、企業として不正行為を防止する取組みを継続的に行っていきます。
 またいかなる国や地域においても、職権を用いて便宜を図ってもらおうとする賄賂の提供などは行いません。
【原則7】:わたしたちは、安全かつ安心な商品・サービスを提供していきます。
 わたしたちは、商品・サービスの提供にあたって、人命や健康を損なう重大な責任を負っていることを常に自覚し、安全・安心な商品・サービスの提供に積極的に取り組みます。
 またそのために、関連企業や委託先企業など、事業活動全体にわたって品質を保障するよう心がけます。
【原則8】:わたしたちは、地域社会の一員として、地域社会に貢献していきます。
 わたしたちは、地域社会へ迷惑をかけない事業活動を堅守することはもとより、 地域社会の健全な発展に積極的に貢献していくことを目指します。
 地域住民への施設開放(グランド等)、お祭り等地域のイベントへの参加、さらには、地域で活動するボランティアやNPOとの協働作業など、自らの特徴を活かしながら地域との積極的な交流を図っていきます。
【原則9】:わたしたちは、自らの特徴を活かし国際社会に貢献していきます。
 わたしたちは、事業活動を展開する相手国の歴史や文化、生活習慣、価値観などを尊重していくよう努めます。
 また、貧困、環境問題、強制労働・児童労働など、深刻な課題を抱えている地域に対して、自分たちの出来ることを実践していくことで広く国際社会に貢献していきます。

7.かわさきコンパクトの概要図


「かわさきコンパクト」は、市内に本社または事業所を持つ企業に、責任ある企業市民としての取組みを求め、企業および市民が川崎市はもとより国内外の社会問題や環境問題の解決に貢献するための自発的な活動を促すもので、その第一段階として先ずはその理念を共有する企業が参加の表明を行い、「かわさきコンパクトビジネス9原則」に対応した活動方針や実績を自ら公表していきます。

gaiyou.jpg

8.かわさきコンパクトの構造


「持続可能な都市づくり、世界に貢献できる都市づくり」という共通の目標に向けて、各セクターが自主的なイニシアチブを進めること(第一段階)、そして、その後にクロスセクター・ラーニングや各種パートナーシップ・プログラムを展開します(第二段階)。ここでいう第二段階は、国連グローバルコンパクトのシティプログラムに相当する取組みです。

川崎市の目指す都市像「持続可能な都市づくり、世界に貢献できる都市づくり」は、企業、行政、市民等の各セクターの自己革新が先ず進められる必要があること、その上で夫々の特性や強みを活かした相互連携を図っていくべきであること、そうしてはじめて複雑化する今日の都市問題への革新的な問題解決アプローチが可能になります。

kouzou.jpg

9.検討調査報告


詳細はこちらのPDFファイルpdf_01.gifをご覧ください。


問合わせ先:川崎市環境局総務部国際環境施策推進担当
email: 30kokuse@city.kawasaki.jp
更新日 2006年(平成18年)8月28日

▲ このページトップへ

かわさきコンパクト基本設計書(PDFファイル)

クリックするとファイルのダウンロードが出来ます。
かわさきコンパクト基本設計書(PDFファイル)pdf_01.gif【川崎市】

かわさきコンパクトホームページ ウェブアクセシビリティ方針

クリックするとファイルのダウンロードが出来ます。
かわさきコンパクトホームページ ウェブアクセシビリティ方針(PDFファイル)pdf_01.gif

かわさきコンパクト冊子new.gif
KCsasshi_26.jpg
※画像をクリックすると表示します

かわさきコンパクトバナー02.jpg
かわさきコンパクト
kawasakishi_banner.gif
川崎市のホームページ
kawasaki_miryoku_banner.gif
川崎市の魅力を紹介します
cc_banner.gif
カーボン・チャレンジ川崎エコ戦略
kwccca.png
川崎市地球温暖化防止活動推進センター
かわさき環境ショーウィンドウ・モデル事業
かわさき環境ショーウィンドウ・
モデル事業
川崎国際環境技術展
川崎国際環境技術展
平和・人権・交流
平和・人権・交流(川崎市)
子どもの権利施策
子どもの権利施策(川崎市)
労働情報
働く市民と事業主の皆さんへ
-川崎市労働情報-
国連GC
国連GC

リーフレット・申請書類等(PDFファイル)をご覧頂くためには、「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のリンクから無償でダウンロード出来ます。

get.gif

Adobe Readerのダウンロードサイトへ