interview.jpg

Vol.14「30年以上続く地域との交流が製造所の信頼を生み出す」


JX日鉱日石エネルギー株式会社 川崎製造所

第1回インタビュー記事 Vol.14「30年以上続く地域との交流が製造所の信頼を生み出す」
第2回インタビュー記事 Vol.28「地域のために、地道に、できることを」


JX日鉱日石エネルギー株式会社 CSRレポート製品をつくりあげる石油化学コンビナートの中核として
 JX日鉱日石エネルギー株式会社川崎製造所は、川崎市で石油化学製品の製造を営んでいる。他の製油所ではガソリンや灯油等の石油製品を精製するのに対し、ここ川崎製造所ではエチレン、プロピレン、ベンゼン、パラキシレンをはじめとした多種多様な石油化学製品の原料を製造している。私たち消費者にはプラスチック、合成繊維、合成ゴムなどに加工された製品として馴染みが深く、次の段階を製造する近隣の会社とパイプラインでつなぎ、効率的に製品を供給している。石油化学コンビナートとしてのつながりから、共同防災協議会を設置するなど、防災面での連携にも取り組んでいる。

JX日鉱日石エネルギー株式会社 CSRレポート敷地内を利用した地域との交流イベント

JX日鉱日石エネルギー株式会社川崎製造所では、毎年近隣10地区の町内会を招待して、ENEOS子供フェスティバルを開催している。歴史は長く、1975年から35年以上連続しているフェスティバルでは、大人から子ども(小学校5年生以上)の皆さんに楽しんでもらえるよう、構内のプールを利用した釣り競技や、小さなお子さん向けに芝生の上で金魚すくい、くじ引き、ジェットスライダーなどで楽しむ企画がされている。各町内会へはバスで迎えに行き、子どもたちが順番に遊びに来られるように準備をしている。今では、子どもを連れてきた親が、自分も昔体験した、という話や、孫に向けて自分が体験した話を伝えたりしている光景もあるとのことだ。

JX日鉱日石エネルギー株式会社 CSRレポート長い交流と情報提供が生む信頼関係
 毎年11月から12月頃に近隣10町内会の役員を対象とした見学会を行い、いまの川崎製造所の状況を伝えている。この取組も開始してから15年ほどになり、大気・水質への影響をオープンにすると共に、町内会の皆さんから質問を受け付ける。毎年必ず実施していることで、安全面・環境面について突っ込んだ質問もいただいているが、参加している方からは、理解できていなかったことが分かった、といった印象を持っていただいているようで、オープンな姿勢から信頼関係がまさに生まれている。
川崎コンビナートの中核として存在するJX日鉱日石エネルギー株式会社川崎製造所は、これからも継続的な地域との関わりによって信頼関係を紡いでいく。


・ビジネス・コンパクト参加企業一覧に戻る
・インタビューページトップに戻る

かわさきコンパクト冊子
かわさきコンパクト冊子表紙
※画像をクリックすると表示します

バナー
かわさきコンパクト
バナー
川崎市のホームページ
バナー
カーボン・チャレンジ川崎エコ戦略
バナー
川崎市地球温暖化防止活動推進センター
バナー
川崎国際環境技術展
バナー
平和・人権・交流(川崎市)
バナー
子どもの権利施策(川崎市)
バナー
働く市民と事業主の皆さんへ
-川崎市労働情報-
国連GC
国連GC

リーフレット・申請書類等(PDFファイル)をご覧頂くためには「Adobe Reader」が必要です。下記のリンクから無償でダウンロード出来ます。

Adobe Readerアイコン

Adobe Readerのダウンロードサイトへ