かわさきコンパクト共催 第2回エコ・クロスマッチング

(2014年6月28日)

 川崎市地球温暖化防止活動推進センター(CCかわさき交流コーナー)が主催するエコ・クロスマッチングへかわさきコンパクトは共催した。
sIMG_3415
 今年度で2回目となるエコ・クロスマッチングは、高津市民館の第1・2会議室を会場に、不安定な天候にも関わらず定員40人の席が満席となって始まった。

 今回は3部構成の組み立てで、冒頭に地球環境推進室から川崎市が進めるかわさきコンパクト、スマートライフ大賞、低CO2川崎ブランド事業、かわさき環境ショーウィンドウ・モデル事業について紹介があった。その後、第一部としてクロスマッチング形式で事例を紹介。株式会社エクサ(低CO2川崎ブランド’13 大賞)と日本鋼管病院(かわさき環境ショーウィンドウ大賞2013)、旭化成ケミカルズ株式会社川崎製造所(かわさきコンパクト)と株式会社朝日プリンテック川崎工場(第2回スマートライフ大賞)の組み合わせで、それぞれの取組を発表した後に、互いに質疑応答を行い、各取組の理解を深めた。
sIMG_3420
 第二部は、場を会議室外のロビーへ移し、環境NPOの展示パネルセッションに出展している19団体が活動内容をリレー方式で紹介した。1団体3分という限られた時間であったが、展示パネルを用いながら集まった人たちへ自分たちの活動の様子や活動で実現したいことを訴求した。なお、展示パネルセッションは6月を会期とした催事で、この日が最終日であった。
 続いての第三部は、展示期間中に貼られた「いいね!シ-ル」獲得数の多いパネルの団体に対する表彰式を行った。
sIMG_3425
 午後2時から始まったエコ・クロスマッチングは、4時半少し前に閉幕。2時間半近い時間は、企業とNPOの環境への取組を互いに知り合い、学び合い、共感する「クロスマッチング」の機会となった。

↑ ページトップへ

かわさきコンパクトに参加してみませんか!
詳しくは参加要項をクリックしてください。

かわさきコンパクト冊子
かわさきコンパクト冊子表紙
※画像をクリックすると表示します

かわさきコンパクト
川崎市のホームページ
カーボン・チャレンジ川崎エコ戦略
川崎市地球温暖化防止活動推進センター
川崎国際環境技術展
平和・人権・交流(川崎市)
子どもの権利施策(川崎市)
働く市民と事業主の皆さんへ(川崎市労働情報)
国連GC

リーフレット・申請書類等(PDFファイル)をご覧頂くためには「Adobe Reader」が必要です。下記のリンクから無償でダウンロード出来ます。

Adobe Reader